1. 低用量ピル通販って知ってる?   >  
  2. ピルの副作用は辛くない

ピルの副作用は辛くない

虹と空

ピル=ホルモン剤だから副作用は辛くて当たり前、だと思っている人も少なくないでしょう。

しかし今では副作用は大幅に軽減されていて、超低用量ピルというものまで登場しているのです。

もちろんピルに含まれるホルモン量に身体が慣れるまでの間、数日間は吐き気や嘔吐・乳房の張りなどの副作用を感じる人もいます。

体質に合っていない、なんてことがなければ副作用は徐々に落ち着いてきて、ほぼ体調に変化なく低用量ピルの服用ができるようになることが多いのです。

そのためもし、しばらく低用量ピルを飲んでいるのに副作用が辛いという場合は、正しい飲み方をしていないか、そもそも身体にそのピルが合っていない可能性もあります。

毎日バラバラの時間に飲んでいる、1〜2日程度飲み忘れてしまうこともある、ジュースなどで服用している、などの行動が副作用を酷くしている原因かもしれません。

万が一、薬は合っていても飲み方が違っているなんてことがあっても副作用は強くあらわれてしまうことがあるのです。

正しい用量・用法で飲んでも副作用が辛い場合は、違う種類の低用量ピルに思い切って替えてみましょう。

すると、新たにはじめた低用量ピルが体質に合っていて、最小限の副作用で高い効果を得られることもあるのです。

処方薬同様に、効果や副作用には個人差があるので低用量ピルも自分自身に合う種類を見つけて服用を続けることが大切といえます。

低用量ピルを服用していると、服用前より体内のホルモン量は増えるので生理中に似た症状が副作用としてあらわれやすくなります。

しかしピルを飲み続けていれば、身体がホルモン量に慣れることで当たり前になり、副作用も徐々に落ち着いてくるのです。